インターネットをDriveWiMAX2のモバイルルーターで利用するメリットとは?

インターネットを利用するのにDriveWiMAX2のモバイルルーターを利用することによりメリットを多く受けることができるのでおすすめです。

一人暮らしのネット環境を快適にできるDriveWiMAX2とは?

f:id:okojosam:20170716102854j:plain

 

一人暮らしを始めて、インターネットをよく使う人はネット環境も自分で管理することになるので、どんな回線の契約をすればいいのか色々と悩みますよね。

 

一人暮らしをする前は実家にあった固定の光回線Wi-Fiで飛ばして使っていたので、家にいる時はネット環境をタダで使っていました。そして、外にいる時はスマホテザリング機能でインターネット共有してノートパソコンを使っていたので、携帯以外のネット回線の契約はしてなかったです。

 

でも一人暮らしをすると実家でタダで使えていたネット環境を利用できなくなったので、動画を見る時にスマホ通信制限がとても気になるようになったのです。一人暮らしをする前の契約では毎月使えるモバイルデータ通信の容量が7GBで、ネットの制限がかからないようにするために、動画などのデータ通信量が多いものは避けていました。ネットの使いすぎで通信速度に制限がかかってしまいスマホの回線速度が遅くなったらかなり不便なので、制限を気にせず自由にネット環境を使うために一人暮らしを始めたらWiMAXモバイルルーターを使おうと思いつきました。

 

これなら工事なしで毎月数千円ぐらいで使えるため、一人暮らしのネット環境をデータ容量を気にせずに使えるなら「このぐらいは安いものだ」と思い契約しました。光回線なら通信が早く安定するというメリットがあるので検討しましたが、「そもそも一人暮らしのマンションに導入できるのか、初期工事費用がかかるのではないか、引越しの時に手続きが面倒ではないか」と考え、工事不要で引越しの手続きのいらないネット環境を使えるWiMAXモバイルルーターにしました。

 

価格も光回線の方が高いかあまり変わらないので、それなら一人暮らしのネット環境には初期費用があまりかからずに届いたらすぐ使えるWiMAXモバイルルーターの方が断然メリットがあります。

 

もし一人暮らしではなく、家族で住んでいるならネット環境は光回線を検討しました。その理由は、WiMAXモバイルルーターを契約しても家族が家で使うため自分の都合で勝手に外に持って行くのは難しいからです。モバイルルーター勝手に外に持って行ってしまったら、自分以外の家族のメンバーが使えない状態になるので、せっかくWiMAXモバイルルーターは複数台接続できるネット環境があるのにもったいないですし、おそらくトラブルになるのが想像できます。

 

でも一人暮らしの場合は自由なので、いつでも外に持って行ってWiMAXモバイルルーターのネット環境を利用できます。会社や学校、お気に入りのカフェなどの場所でいつもと同じネット環境を利用できるのです。外でもスマホのモバイルデータ通信をつかうのではなく、WiMAXの回線を使うことができます。スマホで契約する容量を少ないプランにしたり、格安SIMにすることにより、毎月のスマホ代金の節約できるのでトータルの通信費を下げれます。一人暮らしをしていると何かとお金がかかるので助かります。

 

WiMAXモバイルルーター自体も3,000円以下のものがあったりとかなり安く設定されているので、一度参考までに公式ホームページをご覧下さい。